お肌の健康相談室

最近のトピックス

皮膚科女性医師によるスキンケアにまつわる最新情報など

2012年05月17日(木)

創傷治療

今までは、この方法が良いとされていたけれど、実は違うことって、ありますよね。

医療現場においても、もちろんあります。

たとえば、「傷を治す」といったときの考えかたもそうです。
以前は、転んだ傷は消毒して、ガーゼをあてて、濡らさず、そして乾かして、カサブタをつくる、って感じです。

今もこの方法が良いと思われているかたも多いですが、正しい知識としては、下記の通りです。

・「傷は消毒しない」

消毒は、細胞毒性があるので、細菌だけではなく創傷治癒に必要な細胞まで壊してしまいます。

傷の治癒を遅らせてしまいます。

・「傷は洗う」

水道水で大丈夫です。

傷の化膿の予防のためにも、効果があります。

もちろん縫合した傷も大丈夫です。

・「傷は乾かさない」

傷に直接ガーゼをあててしまうと、傷は乾いてしまい、傷を治す過程でとても大切な「細胞成長因子」がうまく働かなくなってしまいます。

また、ガーゼを取替えるときも傷についてしまい、強い痛みを伴います。

湿潤療法により、痛みもなく、傷を治すという治癒過程を好条件に整えてくれます。



もちろん傷の条件によっては、止血や縫合が必要であったり、異物(土やコンクリート砕片など)を取り除く必要がありますので、心配なときは受診することが大切です。


当院では、ホクロやイボなどのレーザー治療後に「創傷被覆剤(ハイドロコロイド・ドレッシング材)」を使用しています。(湿潤療法)

好条件下で、いかに早くきれいに治すかといったときの必需品です。

治療方法も大切ですが、治療後のケアもとても大切です。

[赤井クリニックスキンケア] 赤井惠子

Posted at 18時55分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://skincare.jp/blog/tb.php?ID=23

ページのトップへ ページのトップへ

5

2012


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

アトピー性皮膚炎とレーザー脱毛

アトピー性皮膚炎とレーザー脱毛

QスイッチNd:YAGレーザーによるレーザートーニング治療をご存知ですか?

QスイッチNd:YAGレーザーによるレーザートーニング治療をご存知ですか?

ニキビ痕・傷痕治療に新たなるレーザー

ニキビ痕・傷痕治療に新たなるレーザー

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 The health consultation room of the skin All rights reserved.