お肌の健康相談室

最近のトピックス

皮膚科女性医師によるスキンケアにまつわる最新情報など

2009年05月06日(水)

プラズマがニキビ肌を再生します

まずニキビ,ニキビあとで来院される方の相談内容とは・・・
“白ニキビ,黒ニキビで肌の表面がざらざらしている。”
“自分ではオイリースキンだと思っているけれど実は乾燥している。”
“同じところにばかり繰り返しニキビができる”
“ニキビのあと,赤みがなかなか消えない”
“若い頃,ひどいニキビが出来た部分があとになって残ってしまった”

従来ニキビの治療といえば,ケミカルピーリングやクリアライト,クリアタッチなどの光治療が主流でした。もちろん今でも適応によってはとても良い治療で,ピーリングが第一選択になるときもあります。

私がPortrait PSR3 (通称プラズマといいます)という治療器械に出会ったのは,ちょうど1年前のこと。レーザーやIPLなどの光治療器ではなく、RFや赤外線でもありません。これまで、皮膚の治療器に用いられてきたエネルギー源とは全く異なる、新たなエネルギー源として登場した窒素分子の「プラズマ」です。ちなみに窒素は大気中の80%を占める気体ですし,液体窒素によるイボなど治療は一般的な皮膚科治療です。つまりエネルギーソースとしてはとても安全です。
プラズマのエネルギーは、皮膚の中の水分を介して深部へと伝わります。
設定するエネルギーにより、プラズマの到達する深さは変化します。弱いエネルギーで治療すれば、浅く、強いエネルギーでは深く入ります。皮膚表面の組織を温存しすることでこれを自然の被覆材とします。つまり自分の表面の皮膚がガーゼや軟膏の役割になります。キズを治したり皮膚が再生するのに大切な成長因子が効率よく働いて,深部で新しい皮膚が素早く再生されます。

このプラズマ治療器でたくさんのニキビの患者さんを治療してきました。
プラズマはニキビやニキビ痕に対してどんな効果があるのでしょうか。

画像(153x180)・拡大画像(480x563)

治療前

画像(146x180)・拡大画像(480x591)

治療後


簡単にいうと1回でその効果はケミカルピーリング10回分ぐらいには相当します。
まずニキビによる炎症でごわごわしていた肌がとても柔らかくなります。
肌の表面がつるつるします。
繰り返していたニキビそのものが出来なくなります。
ニキビができてもとてもなおりやすくなります。
ニキビあとが目立たなくなります。
つまりプラズマは“ニキビ肌の悩みを解決してくれる新しい治療です。”

[赤井クリニックスキンケア] 谷 祐子

Posted at 13時48分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://skincare.jp/blog/tb.php?ID=6

ページのトップへ ページのトップへ

5

2009


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PHOTO

QスイッチNd:YAGレーザーによるレーザートーニング治療をご存知ですか?

QスイッチNd:YAGレーザーによるレーザートーニング治療をご存知ですか?

ニキビ痕・傷痕治療に新たなるレーザー

ニキビ痕・傷痕治療に新たなるレーザー

アトピー性皮膚炎とレーザー脱毛

アトピー性皮膚炎とレーザー脱毛

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 The health consultation room of the skin All rights reserved.