お肌の健康相談室

最近のトピックス

皮膚科女性医師によるスキンケアにまつわる最新情報など

2012年05月17日(木)

創傷治療

今までは、この方法が良いとされていたけれど、実は違うことって、ありますよね。

医療現場においても、もちろんあります。

たとえば、「傷を治す」といったときの考えかたもそうです。
以前は、転んだ傷は消毒して、ガーゼをあてて、濡らさず、そして乾かして、カサブタをつくる、って感じです。

今もこの方法が良いと思われているかたも多いですが、正しい知識としては、下記の通りです。

・「傷は消毒しない」

消毒は、細胞毒性があるので、細菌だけではなく創傷治癒に必要な細胞まで壊してしまいます。

傷の治癒を遅らせてしまいます。

・「傷は洗う」

水道水で大丈夫です。

傷の化膿の予防のためにも、効果があります。

もちろん縫合した傷も大丈夫です。

・「傷は乾かさない」

傷に直接ガーゼをあててしまうと、傷は乾いてしまい、傷を治す過程でとても大切な「細胞成長因子」がうまく働かなくなってしまいます。

また、ガーゼを取替えるときも傷についてしまい、強い痛みを伴います。

湿潤療法により、痛みもなく、傷を治すという治癒過程を好条件に整えてくれます。



もちろん傷の条件によっては、止血や縫合が必要であったり、異物(土やコンクリート砕片など)を取り除く必要がありますので、心配なときは受診することが大切です。


当院では、ホクロやイボなどのレーザー治療後に「創傷被覆剤(ハイドロコロイド・ドレッシング材)」を使用しています。(湿潤療法)

好条件下で、いかに早くきれいに治すかといったときの必需品です。

治療方法も大切ですが、治療後のケアもとても大切です。

[赤井クリニックスキンケア] 赤井惠子
Posted at 18時55分   パーマリンク

2011年05月08日(日)

ストレスと肌

この度の地震・津波・原発事故等により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧と皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。

東日本大震災から2カ月が経とうとしています。
余震とは思えない大きな地震,1カ月前にもありました。
被災地の方々はもちろんのこと,東日本の人たちは,またいつ来るかわからない余震や原発事故の恐怖と,そして日本中の人たちが,先の見えない「不安」や「ストレス」を抱えて生活しています。
震災後,こういったストレスによる肌状態の悪化を訴えられる患者様が多く来院されました。

  • 地震,停電で食事のバランスが悪くなり,ニキビができた
  • 地震後,不安で熟睡できず,肌の調子が悪い
  • 生活のリズムが狂って,肌のコンディションがよくない

皮膚は、外からの異物を入れないよう防御する「バリア機能」,
そして侵入しようとする菌や異物を攻撃する「免疫機能」という役割があります。
そして、水分を蒸発させない働きもあります。

ストレスにより,ニキビやアトピー性皮膚炎が悪化することは,日常の診療においてもよく体験することです。
どうしてストレスにより,肌は影響を受けるのか,興味あるところです。

この4月,横浜にて日本皮膚科学会総会が開催予定でしたが,震災の影響で中止となりました。
この学会で「皮膚疾患の心身医学的アプローチ」という講演が予定され,そのプログラムに,「急性ストレスでは末梢神経から放出される神経ペプチド(神経が分泌するホルモンなどの総称)の炎症反応増強作用による皮膚炎の悪化,慢性ストレスでは内因性グルココルチコイド(副腎皮質から分泌されるステロイド系のホルモンで,血糖量を上昇させる作用や,ストレス反応の中心的役割を果たすアドレナリンの作用を助長するといった作用をもつ)によるセラミド合成障害にて,皮膚のバリア機能が障害される。
そして実験的に,ストレスを伝達する物質が皮膚バリア機能障害を誘導することを明らかにした」との内容が記載されていました。
ただこの実験は,設定された条件下でも必ず同じ結果にならないとも記載されており,ストレスの感じ方の違い,ストレスへの対処方法の違い,そのときの身体的状況により反応が異なるのかなどと,その理由を私なりに考えてみましたが,ぜひ次なる機会にこの発表を聴きたいと思っております。

「皮膚(肌)は第三の脳である」と資生堂新成長領域研究開発センターの傳田光洋さんは提唱されています。
そして,神経系が密集している腸を「第二の脳」と呼んでいます。
たしかに,無意識のなかで感じる腸や皮膚の感覚は,脳以上に敏感ですよね。
ストレスを感じているときに,それを無視しようとしても,食欲は落ち,お腹の調子も悪くなるし,お肌の状態も悪くなりますよね。
ストレスを感じているときこそ,無意識に感じられる安らぎ,温かい優しい食事をとったり,お気に入りのタオルや人やペットの温もりに触れたり・・・大切ですよね。

[赤井クリニックスキンケア] 赤井惠子
Posted at 17時27分   パーマリンク

2010年05月26日(水)

ニキビ痕・傷痕治療に新たなるレーザー

「eCO2 PLUS(エコツ−プラス)レーザー」

「エコツ−」なんて聞くと,「パック?」「エコロジー関連?」と想像してしまいますが,このeCO2 PLUS(エコツ−プラス)レーザーは,イボやホクロなどをとる際によく使用される,長い強力な波長(10,600nm)である炭酸ガス(CO2)レーザーで,0.1〜0.3mm径の穴を細かくシャープに開けるフラクショナルレーザーです。

フラクショナルレーザーは,数年前に登場した新しいタイプのレーザーです。レーザーをかなり小さな点状に多数照射する技術(フラクショナル化)により,治療後の赤み・色素沈着といったリスクを軽減し,洗顔・化粧の制限といった,いわゆるダウンタイムも抑えることも可能としたものです。

アファームをはじめとする波長の短いフラクショナルレーザーは,肌質改善,リジュベネーションには向いていますが,eCO2 PLUSは今まで治療が難しく,ダウンタイムが長い治療が中心となっていた「ニキビ痕・傷痕・毛穴の開き」といった凹凸のある皮膚状態を改善し,さらにコラーゲン新生を誘導するという,有望な治療器です。

ニキビ痕治療には,以前ご紹介させていただいたプラズマ治療等を組合わせながら,いろいろ工夫しながら施術しています。

画像(163x180)・拡大画像(583x640)

ニキビ痕・eCO2施術前

画像(154x180)・拡大画像(551x640)

ニキビ痕・eCO2施術後


1回の治療でも,古いニキビ痕が浅くなり,改善しているのがわかるかと思います。

また傷痕においては,今までなら「手術以外では,これ以上は難しい!」と考えられていた状態でも,完治は無理にせよ,より目立たなくするという点では期待できるレーザーです。

画像(167x180)・拡大画像(595x640)

傷痕・eCO2施術前

画像(169x180)・拡大画像(603x640)

傷痕・eCO2施術後


[赤井クリニックスキンケア] お肌の健康相談室
Posted at 18時00分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2017


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PHOTO

アトピー性皮膚炎とレーザー脱毛

アトピー性皮膚炎とレーザー脱毛

ニキビ痕・傷痕治療に新たなるレーザー

ニキビ痕・傷痕治療に新たなるレーザー

プラズマがニキビ肌を再生します

プラズマがニキビ肌を再生します

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 The health consultation room of the skin All rights reserved.