お肌の健康相談室

最近のトピックス

皮膚科女性医師によるスキンケアにまつわる最新情報など

2010年09月06日(月)

アトピー性皮膚炎とレーザー脱毛

猛暑だった夏もようやく終わりに近づき、海、山、プールと夏のレジャーも終わろうとしています。今年の夏、毛深いのが悩みの種になっているのにアトピーがあるので、脱毛ができないとあきらめた人はいませんか?

実はアトピー性皮膚炎はレーザー脱毛をすることによって皮膚のかゆみが少なくなり、皮疹もよくなるということが種々な論文で報告されています。毛のないところにレーザーを当ててもアトピーがよくなることから、毛がなくなることによってアトピーがよくなるのではなく、レーザーの光そのものがかゆみを少なくして皮疹をよくするのではないかと言われていますが、今のところはっきりしたことはわかっていません。

アトピー性皮膚炎もかなりひどくて皮膚がジクジクしているような時は脱毛できませんが、きちんとつけ薬をつけてコントロールができているならばレーザー脱毛は可能です。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

図1

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

図2


最近、かなり重症のアトピーで、四肢に痒疹(かゆみの強いブツブツ)ができている人にレーザー脱毛をしました。図1は照射前の足の甲の写真です。赤味の強いブツブツが足の甲に多数あります。図2は照射後約1週間目の写真です。かゆみはほとんどなくなり、皮疹の赤味もひき、盛り上がりも少なくなりました。皮疹のない部位の皮膚もスベスベになりキメもよくなっています。このようにアトピー性皮膚炎のかなりひどい人でもレーザー脱毛によって皮疹が悪化することはなくきれいな皮膚になります。

夏も終わりに近づき、紫外線が少なくなる秋から冬は脱毛を始めるのに最適な時期です。今から脱毛をはじめれば来年の夏にはツルツル、スベスベの肌になっていますよ。アトピー性皮膚炎があっても悩む必要はありません。むだ毛に悩む人はぜひ皮膚科の先生に相談してみてください。

[マリ皮フ科クリニック] 鈴木真理
Posted at 09時42分   パーマリンク

2010年05月26日(水)

ニキビ痕・傷痕治療に新たなるレーザー

「eCO2 PLUS(エコツ−プラス)レーザー」

「エコツ−」なんて聞くと,「パック?」「エコロジー関連?」と想像してしまいますが,このeCO2 PLUS(エコツ−プラス)レーザーは,イボやホクロなどをとる際によく使用される,長い強力な波長(10,600nm)である炭酸ガス(CO2)レーザーで,0.1〜0.3mm径の穴を細かくシャープに開けるフラクショナルレーザーです。

フラクショナルレーザーは,数年前に登場した新しいタイプのレーザーです。レーザーをかなり小さな点状に多数照射する技術(フラクショナル化)により,治療後の赤み・色素沈着といったリスクを軽減し,洗顔・化粧の制限といった,いわゆるダウンタイムも抑えることも可能としたものです。

アファームをはじめとする波長の短いフラクショナルレーザーは,肌質改善,リジュベネーションには向いていますが,eCO2 PLUSは今まで治療が難しく,ダウンタイムが長い治療が中心となっていた「ニキビ痕・傷痕・毛穴の開き」といった凹凸のある皮膚状態を改善し,さらにコラーゲン新生を誘導するという,有望な治療器です。

ニキビ痕治療には,以前ご紹介させていただいたプラズマ治療等を組合わせながら,いろいろ工夫しながら施術しています。

画像(163x180)・拡大画像(583x640)

ニキビ痕・eCO2施術前

画像(154x180)・拡大画像(551x640)

ニキビ痕・eCO2施術後


1回の治療でも,古いニキビ痕が浅くなり,改善しているのがわかるかと思います。

また傷痕においては,今までなら「手術以外では,これ以上は難しい!」と考えられていた状態でも,完治は無理にせよ,より目立たなくするという点では期待できるレーザーです。

画像(167x180)・拡大画像(595x640)

傷痕・eCO2施術前

画像(169x180)・拡大画像(603x640)

傷痕・eCO2施術後


[赤井クリニックスキンケア] お肌の健康相談室
Posted at 18時00分   パーマリンク

2010年02月05日(金)

足のニオイが気になりませんか?

アロマテラピー(注@)を使いこなしてみよう!

ブーツをはく時期などは、特に足がむれていやなニオイが気になることがありますね。ニオイの原因は、汗、雑菌、カビ(水虫)などであることが多いです。そんな時、ちょっとオシャレな対処法として、アロマテラピーが使えます。
アロマテラピーで使用されるエッセンシャルオイル(精油)(注A)の種類はたくさんあるのですが、こうした足のニオイへの私のイチオシは、ティートリー油(注B)です。天然のティートリー油1本購入して使いこなしてみましょう。使用法は、足浴、シュッと吹きかけるコロンスプレイ、キャリアオイル(注C)に混ぜて足に塗るなど色々あります。ティートリーには、優れた消毒殺菌、抗真菌、抗ウイルス、免疫賦活作用などが証明されていて、足のニオイを元から断ってくれます。
またその香りは、スッキリしていて、気分もすがすがしくなります。

使用方法の実際ですが、原則として原液を直接肌に塗るのはNGです。薄めて使って下さい。

(A)足浴
お風呂に使う小さなタライにぬるま湯を満たし、ティートリーを8滴ほど滴下する。そこに足を入れ5から10分ほど足浴する。

(B)コロンスプレイを作る
100mlの蒸留水に25滴(20滴で1ml)のティートリー油を加えて調整し、使用前によく振ってからスプレイする。

(C)キャリアオイルに混ぜて塗る
50mlのキャリアオイル(ホホバオイルがイチオシ)に25滴のティートリー油を混ぜたもので足全体をマッサージする。足底のカサカサやひび割れが強い場合に最適。カサカサとニオイの両方が良くなります。

注釈
(注@)アロマテラピー
日本語で芳香療法。植物に含まれる芳香成分には、人間に対し精神的、身体的に作用するものがあり、古来よりヨーロッパなどでは宗教儀式や民間療法で使われてきた。近代になって、これに科学の光を当て芳香成分を分析できるようになり、効能、効果を科学的につきとめる研究が始まった。
(注A)エッセンシャルオイル(精油)
芳香成分を植物から最良の方法(水蒸気蒸留法などがある)で抽出したもの。
(注B)ティートリー油
オーストラリアに自生するTee Treeというフトモモ科の植物の葉から抽出したもの。刺激的ですっきりした香り。オーストラリアの原住民アボリジニは古来このTee Treeを医療に用いていた。
(注C)キャリアオイル
エッセンシャルオイルを希釈する植物油のことです。ホホバオイル、グレープシードオイル、アーモンドオイルなどがある。体内に芳香成分を運んでくれるものとして、キャリアオイルと呼ばれる。

《使用上の注意》
嫌いな香りは、その人の本能的な拒絶反応の1つとも考えられますので、無理に使わないで下さい。精神的なストレスとなり、逆効果です。他に同じような作用のある好きな香りの精油(たとえばラベンダー、パルマローザなど)を見つけて使って下さい。またこれにかぶれる方は使用できません。

[やんべ皮膚科クリニック] 山家英子
Posted at 11時55分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2010


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PHOTO

プラズマがニキビ肌を再生します

プラズマがニキビ肌を再生します

QスイッチNd:YAGレーザーによるレーザートーニング治療をご存知ですか?

QスイッチNd:YAGレーザーによるレーザートーニング治療をご存知ですか?

ニキビ痕・傷痕治療に新たなるレーザー

ニキビ痕・傷痕治療に新たなるレーザー

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 The health consultation room of the skin All rights reserved.