隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2005年10月25日(火)

身体は正直 [健康管理]

50歳の頃、体重100kg超、血圧130mg/Hg、夏にはクーラー病の症状が出始めた為、知り合いの、漢方を主体に治療をしておられる先生に相談したところ、それは「養殖ハマチ」と同じだと診断されました。

このままではマズイ、将来は糖尿病から始まって、心筋梗塞のパターンだな、と感じていました。(祖父:糖尿病、父:心筋梗塞の既往歴あり)

そこで、50歳を契機に、人生リセットしてやりなおしと決めました。何をどのようにすると決めたかといいますと、食事・酒については今までどおり何の制限もしない。食いたいもの、飲みたい酒を、死ぬまで思いのまま楽しむ為にこの決意をしたのに、これを制限したのでは何の為かわからなくななります。

決めたことは、診察時間の合間に、1回1時間半程度の散歩をする。これを、1週間に最低4回以上する。たったこれだけなのです。近くの五條川の堤防が散歩道になっている為、ここを散歩することが多かったのですが、その日の気分により、色々散歩道は変えて散策を楽しみました。

すると、3ヶ月後頃で、体重も10kgほど減少して、血圧も正常域に戻ってきました。半年ほど続けた夏には、体重も15kg位減少して、クーラー病もなくなり、体調は非常に良くなりました。

この時点で、体はタイヘン正直だなと感じました。たった半年間運動をしただけで、これだけ変わるものだと、自分の体を通して実感したのです。

Posted by 福田金壽 at 10時14分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://skincare.jp/fukuta/blog/tb.php?ID=10

ページのトップへ ページのトップへ

10

2005


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

「布袋ぶらりん日和」その5

「布袋ぶらりん日和」その5

最終案内

最終案内

「布袋ぶらりん日和」にご参加を

「布袋ぶらりん日和」にご参加を

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.