隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2006年12月09日(土)

セカンド・オピニオン [診察室より]

画像(128x180)・拡大画像(500x700)

愛知県医師会の啓蒙活動として、「後悔しないがん治療を セカンドオピニオン 納得して治療法を選ぶために」と題して、市民フォーラムを開催しますという内容の、院内掲示ポスターが送られてきました。興味のある方は、TEL 052-851-7113、メールアドレスota@tokai-medi.co.jpに連絡を取ってみて下さい。

最近、膵臓腫瘍が近くの病院で見つかって、県内の某大学病院や有名施設を受診して、入院手術まで決まっていた知人が、三重大学病院にセカンドオピニオン専門科があることをインターネットで知って、入院前日に受診して自分の考えが変わり、入院を断ったという話を聞きました。

三重大学では、保険診療ではなく自費診療になりますが、予約制で一時間たっぷり専門科の教授に、彼が納得行くまで相談に乗っていただけたそうです。やはり事が命に関わることなので、そのようなシステムが必要であろうと、私も話を聞いて納得しました。

画像(180x135)・拡大画像(720x540)

ちょうど、セカンド・オピニオンについて、同時に2つの話題があったので、これも何かの縁と考えて書いておきます。

写真は、木曽川堤防から眺めた、伊吹山をバックにしたツインアーチ138(イチノミヤタワー)です。

Posted by 福田金壽 at 12時32分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://skincare.jp/fukuta/blog/tb.php?ID=123

ページのトップへ ページのトップへ

12

2006


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

にしはる新春チャレンジマラソン

にしはる新春チャレンジマラソン

屋久島3日目

屋久島3日目

カタクリ群生地

カタクリ群生地

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.