隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2005年11月25日(金)

環境汚染 [閑話]

11月13日、中国吉林省吉林市の石油化学工場で爆発があり、ベンゼン、ニトロベンゼンなどの化学物質100トン(中国政府発表)が松花江に流れ出た、その下流の黒竜江省ハルビンでも、影響を受ける地域の水道を止めた、との報道がありました。汚染物質は1日100キロの速度で下流に流れ、11月末にはロシアのハバロフスクに到着するそうです。そこで、水道の給水停止の検討が始まり、飲料水の買い占めの動きも出ているそうです。

これは、対岸の火事として眺めているだけで済む問題ではなく、後々日本人にも何かしら悪影響が出ることが予想されます。

そもそもこの化学工場周辺には、いわゆる「ガン村」と呼ばれる地域が存在するそうです。地下5〜6mの浅い井戸を使用している人たちは、付近の水道水を使用している人たちと比べると、ガンの発生率が10倍以上高いのだそうです。

日本人でも、昭和40年代の高度成長時代に発生した、「水俣病」「イタイイタイ病」のことを思い出してみて下さい。どうしても、発展途上の国では、経済優先で安全軽視の時代が生じるのです。

流出した物質の中には、ベンゼン、ニトロベンゼン以外にも、正体不明の工場廃液が含まれているはずです。それら全体の量は、我々の想像を絶するような量であると思います。そして、これらの化学物質は、低濃度でも長時間服用すれば、ガンの発生率が高くなるのです。

画像(180x173)

地図を見ていただけばわかると思いますが、アムール川を通過した後には、日本海に出ます。そしてプランクトンに摂取され、流氷とともに北海道沿岸に流れ着いて、魚やカニに食べられ、ついには我々の食卓に並ぶことになるのは、火を見るより明らかだと思います。

この影響が明らかになるのは、何年先のことか私にはわかりません。しかし、案外自然の浄化作用が強く、何の影響もなく終わるかもしれません。今の私に出来ることは、自然の持つ浄化作用で、我々に影響が出ないことを祈ることだけです。

Posted by 福田金壽 at 20時35分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://skincare.jp/fukuta/blog/tb.php?ID=25

ページのトップへ ページのトップへ

11

2005


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

広告

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

浜名湖一周サイクル・ツーリング

浜名湖一周サイクル・ツーリング

五条川さくらだより No.10

五条川さくらだより No.10

基本理念

基本理念

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.