隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2005年12月06日(火)

事故再発防止 [診察室より]

今日、朝日新聞の朝刊を読んでいますと、17面に『医師の処分厳格化・再教育義務づけへ 取り戻せる?患者の信頼』と、大きな見出しで記事が掲載されていました。内容については、「医療事故の警察への届け出が、97年21件であったものが、04年には255件に増え、民事医療訴訟も、597件から1,107件にはね上がった。対策の柱は、行政処分の厳格化と再教育制度の導入である。」というもので、いろいろな意見が出されていました。

この記事を読みながら、今日会った友人の奥さんの言葉が思い出されましたので、書き留めておきます。

彼女には、28歳になる息子がいます。彼は、今年4月に脳腫瘍(グリオーマ)と診断され、6月には東京女子医大病院で手術を受ける予定になっていましたが、彼女は手術には消極的で、もう少し待って色々な情報を調べてから判断したいと考えて、手術を延期してもらうことにしました。

その間に、セカンドオピニオンを求めて、有名な大学病院を受診したり、民間療法を試してみることにしました。そのうちの、浜松医科大学脳外科を受診したときの話です。浜松医科大学脳外科は、教授をはじめとして、脳腫瘍、特にグリオーマについて、従来の手術ではなく新しい治療を研究している医局だそうです。そして、動物実験の段階では、良い治療成績が出ているとのことです。

彼女はそのことをインターネットを通して知っていて、診療の最後にその新しい治療法を受けてみたいと切り出したそうです。すると教授は、「こうした新しい治療法は、動物実験でどんな良い成績を収めても、最後は人間に試してみないとわからないものなのです。最近はいろいろな縛りが増えて、人体実験のような新しい治療法はスタンドプレーと見られて、臨床実験ができないのです。」と嘆かれたのだそうです。

「白い巨塔」ではありませんが、医学会内部には今でも色々な派閥があり、その中では、嫉み、ひがみ、足の引っ張り合いが行われているのも現実です。あまりにも法律で縛り過ぎると、それが派閥争いに利用され、本当に新しい治療がほとんど出来なくなっってしまう、という問題も生じてきます。

臓器移植では、日本は世界に遅れていて、多くの日本人が臓器移植を求めて、海外へ渡らざるを得ない時代が長く続いたことの原因のひとつであるように思います。その反省が、記事では触れられていなかったような気がしましたので、ここに書き留めておきました。

Posted by 福田金壽 at 22時36分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://skincare.jp/fukuta/blog/tb.php?ID=28

ページのトップへ ページのトップへ

12

2005


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

地球温暖化

地球温暖化

トライアスロン練習コース(1)RUN

トライアスロン練習コース(1)RUN

諏訪湖ハーフマラソン

諏訪湖ハーフマラソン

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.