隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2005年12月09日(金)

過ぎたるは及ばざるが如し [健康管理]

昨日より、何となく調子が悪いのです。朝もいつものように起きられず、昼休みにいつものように自転車に乗っても、今いちスピードに乗れないのです。今日も、その状態が続いています。

原因は、7日にスキーに行き、普段使わない筋肉を使い、思いきりはしゃいで、更にその夜プールへ行って泳いだことが、オーバーワークになったのです。

スキーをして、泳いでいる間は、脳の中では脳内物質(アドレナリン、エンドルフィン等)をバンバン出して、身体を動かし続けたのでしょう。とっても気分良く動けたのですが、一晩眠って目が覚めてみると、身体が悲鳴を上げているのです。こうした状態が続くと、身体の弱い所に病気として出るのです。人それぞれ弱い所が異なる為、病気として出方が異なるだけです。

普段診察室で、患者さんに注意していることが、今まさに自分自身の身体に起きようとしているのです。幸い身体がまた頑張ってくれたのでしょう。病気にまで至らなかっただけなのです。ここは、丈夫な体に生んでくれた、親に感謝して、出来るだけ自然の中でいい空気を吸って、身体の自然回復力が高まるようにします。

古人曰く
・過ぎたるは及ばざるが如し
・紺屋の白袴
・医者の不養生
こんなことわざが思い出される数日間でした。

Posted by 福田金壽 at 22時58分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://skincare.jp/fukuta/blog/tb.php?ID=29

ページのトップへ ページのトップへ

12

2005


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

闘牛

闘牛

佐渡国際トライアスロン大会

佐渡国際トライアスロン大会

レース後2日

レース後2日

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.