隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2005年12月20日(火)

諦める [診察室より]

二十代後半の女性が、最近口の周りに「吹き出もの」が出来て治らないので、何とかしたいということで来院されました。私はいつものように、「意識と体のバランス」が崩れた為に体が出している、ついていけない信号ですよと説明をしました。

それが終わると、彼女は「実は前十字靭帯断裂を起こして、来年の二月に手術を受ける予定ですが、いまいち気乗りがしないのです。」と言い始めました。詳しく聞いてみると、彼女は学校の先生で、バレーボールの指導者をしているそうです。練習中に靭帯断裂を起こし、このままでは日常生活は普通に送れるが、バレーボールの練習は無理と診断され、バレーボールがしたければ手術が必要で、来年二月に予定されているのだそうです。

それに対して私は、「靭帯断裂は起きてしまったことですから、仕方がないと断念しなければなりません。しかし、あきらめるという言葉には、一方で“明らかに見極める”といったプラスの意味もあるのです。自分自身の自然治癒力を信じて、試してみてはどうですか。膝の負担が少ない、プールの歩行訓練から始めてみてはいかがですか。」と提案しました。

たとえプールでの歩行訓練をして、期待通りに手術しなくても済むようにはならなくても、「明らかに見極める」気持ちを持てば、手術を受けるにしても結果は良いでしょうし、回復も早くなるものと信じます。昔から「病は気から」と言いますし、「自然治癒力も気の持ちよう」と思っています。人間の体はそんなものなのです。

こんなやり取りの中で、彼女の言葉がだんだんはっきり明確になっていくのを感じていました。最後に彼女は、「やりもしないでウジウジ言うな!ということですね。」と、ニッコリ笑って診察室を出て行きました。

Posted by 福田金壽 at 21時39分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://skincare.jp/fukuta/blog/tb.php?ID=32

ページのトップへ ページのトップへ

12

2005


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

「布袋ぶらりん日和」その5

「布袋ぶらりん日和」その5

「布袋ぶらりん日和」にご参加を

「布袋ぶらりん日和」にご参加を

地球温暖化

地球温暖化

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.