隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2006年01月15日(日)

にしはる新春チャレンジマラソン [活動記録]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

西春町は、名古屋の北西部に隣接する人口3万弱の町で、今年で22回目を数える市民マラソンです。ジョギング、ウォーキング、5km、10kmと、4つのコースがあり、各自が自分の体力に合ったコースを選んで、自分の体力にチャレンジして、健康増進に努めましょうという趣旨で始まったマラソン大会です。西春町は、本年4月に隣町の師勝町と合併して、西名古屋市となるため、にしはるの名前が残るマラソン大会は本年が最後だそうです。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

昨日から大雨を降らせた低気圧も通過して、今日は雲1つない快晴です。おまけに気温も3月下旬並の、本当に気持ちのいい朝です。

トライアスロンの練習として、10kmマラソンにエントリーしていましたが、本当の気持ちは、30年以上まともに走ったことがないのに走りきることが出来るのかなというのが半分と、まあ何とかなるのではないかというのが半分、といったところでした。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

目標は、70分以内に10kmを完走すること、と設定しています。スタートして5kmまでは快調に進んでいましたが、7kmを過ぎたあたりから少々苦しくなり、バテバテ状態でしたが、一応完走することが出来たことと、時間も1時間0分4秒で目標をクリアしたことは、自分なりに満足の行くものでした。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

市民マラソンに参加して、感じた事2つ。1つは、意外にも10kmマラソンに参加している人の中に、50歳以上の中高年のおじさん、おばさんが多いことにビックリ。もう1つは、沿道で応援してくださる人の「頑張って」の一言で、元気が出るものだなと実感することが出来ました。

マラソン大会の運営に協力されていた、西春町民のみなさんに甚大な感謝をいたします。

Posted by 福田金壽 at 20時00分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://skincare.jp/fukuta/blog/tb.php?ID=36

ページのトップへ ページのトップへ

1

2006


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

満開の桜

満開の桜

山頂の秋

山頂の秋

「布袋ぶらりん日和」その6

「布袋ぶらりん日和」その6

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.