隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2006年05月01日(月)

体は違いを感じます [診察室より]

一歩外へ出れば、体は違いを感じます。鳩吹山を歩いたり、昨日のように巨樹の下で心地よい時間を過ごすと、体が元気になることを最近実感するようになりました。

そんなわけで、診察室でも患者さんに、家の中に閉じこもらないで、出来るだけ気持ちの良い自然の中へ行き、いい空気を吸って、お天とう様に当たるようにすると、それだけで自律神経のバランスが良くなり、病気の予防になりますよとアドバイスしています。

今日も、80歳位のおじいちゃんが、奥さんとお嫁さんに両わきを抱きかかえられるようにして、診察室に入って来られました。話を聞いてみると、2ヶ月前に心筋梗塞と大動脈瘤の手術をして、やっとの思いで退院してきたら、今度はおしりから太ももにかけて、真っ赤に腫れ上がってきたと言うのです。多少の痛みもあったそうですが、医者に見せるとまた入院しろと言われるかもしれないと思い、家人にも告げずに悶々とした気持ちで、家の中でひたすらじっと我慢していたそうです。

診れば典型的な帯状疱疹なのですが、老人の場合にはその症状の割には、痛みが少ないことが多いのです。更に帯状疱疹もすでに治癒段階になっていました。

しかし、本人にはそんなことは分かるはずがありません。好きな酒もタバコも我慢して、風呂にも入らずに、ひたすら良くなることを信じて、家の中でじっと我慢して安静にしていたにもかかわらず、体はどんどん悪い方向へ向かって行ったのです。不安で情けなくて、どうしようもなかったと、しきりに訴えられました。

本人の訴えをひととおり聞いてから、「酒もタバコも風呂も、適当にすればいいのです。その方が体の治りは良くなりますよ。更に、家の中ばっかりにいるのは感心しません。気候も良くなりましたし、出来るだけ外の空気を吸って、太陽に当たって下さい。体がその違いを実感するはずです。そうすれば自然治癒力が働いて、ドンドン良い方向に向かいますよ。」と告げました。話が終わる頃には、スッキリした表情になっていて、「よくわかりました。今日から出来るだけ外へ出るようにします。」と言って、診察室を出て行かれました。

Posted by 福田金壽 at 11時23分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://skincare.jp/fukuta/blog/tb.php?ID=71

ページのトップへ ページのトップへ

5

2006


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

セカンド・オピニオン

セカンド・オピニオン

教育を考える初夏のつどい

教育を考える初夏のつどい

トライアスロン練習コース(2)BIKE

トライアスロン練習コース(2)BIKE

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.