隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2006年05月23日(火)

世間の常識 [地域情報]

私の住んでいる愛知県江南市は、ふじのまち江南として、曼陀羅寺の藤まつりを地域興しの目玉としてきました。ところが、肝心の藤の花が近年勢いがなくなり、最近は観光客にも不評のようです。そこで行政は、樹木医さんに相談して手入れをしているようですが、その成果はまだ見られません。

10年以上前に、地区の役員をしていた折、「曼陀羅寺の藤の花だけではいずれダメになると思います。今は曼陀羅寺という点の存在でも仕方ないけど、江南市内の公園に藤の棚を作り点を増やして、更にそれらを繋いで線にして、最終的には面にまで増やして、江南市中に藤の花を咲かせないと、いずれ目玉ではなくなると思うよ。」と忠告しておきました。

最近、その職員に役所で会う機会がありましたので、その話を昔話のように話していると、彼は、「今年から本格的に、曼陀羅寺の藤の手入れを専門家にお願いしました。更に、間引きした藤の樹は、一般市民に無料で差し上げることになったんですよ。」と胸を張って言います。それを聞いて私は、「まず一般の家の庭に、大きな藤棚を作るのは無理でしょう。なんで公園に藤棚を作って、増やして行かないのですか?」と尋ねると、彼は「それは担当が違うものですから…」と少し逃げ腰になるのです。

そのとき私は、ああこれが組織のかばい合いで、いわゆるお役所の常識ですが、世間では非常識で、後で余分な税金をまた使うことになるのにな、と思ったのでした。でも、医者には医者の常識があり、それは世間の非常識なのだろうなと思い、「人のふり見て我がふり直せ」のことわざが頭をよぎりました。

Posted by 福田金壽 at 13時44分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://skincare.jp/fukuta/blog/tb.php?ID=82

ページのトップへ ページのトップへ

5

2006


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

「布袋ぶらりん日和」その6

「布袋ぶらりん日和」その6

ニューヨークシティマラソン

ニューヨークシティマラソン

日曜遍路

日曜遍路

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.