隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2006年05月27日(土)

どっちが先に死ぬ? [診察室より]

診察室で、患者さんと会話していて、おかしかった話があったので紹介します。

40代の男性で、高校時代は名門野球部に在籍し、甲子園にも出場経験者です。社会人になってからは、裸一貫から頑張って、レストラン経営で成功して、全国に数十店舗を展開する実業家です。彼は、1年に数回ひどいニキビが出て、外用薬と時に抗生剤の内服をしています。

患者「またニキビがひどくなっちゃいました。今度、名古屋駅前にできるビルにも出店することになって、大変なんですワ」
私「仕事もいいけど、ほどほどにしとかんといかんゼ」
患者「行き付けの床屋で、先生がトライアスロンやっているって聞いたけど、ホント?」
私「医者もいいかげんにしとかんと、病気になるでネ。トライアスロンやって、体力作りしとるんだワ」
患者「先生、オレより10年年取っとるでしょう!そんな無理したら、体に悪いんと違う?無理すると早く死んじゃうヨ!」
私「じゃあ聞くが、アンタどんな生活しとるの?」
患者「仕事でストレス溜めて、夜遅くまでオネーチャンと酒飲んで遊んどるだけだわナ」
私「そんな生活続けてたら、どっちが先に死ぬと思う?」

こんなやりとりが続きましたが、ほとんど漫談ですね。

患者「後の患者さんが待っとるから、今日はこれで帰りますワ」
私「仕事を辞める気になったら、いつでも遊んであげるから。待っとるヨ」

さて、どっちが先に死ぬのでしょうか?

Posted by 福田金壽 at 20時11分   トラックバック ( 1 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://skincare.jp/fukuta/blog/tb.php?ID=84

医療事務とは?

医療事務とは、病院・診療所などの医療機関での事務処理をする仕事のことです。 事務処理というとパソコンを使ったデータ入力や書類の作成などの デスクワークをイメージされる方もいらっしゃると思いますが、 「医療事務」は、一般企業の事務処理とは少し違った内容になりま

医療事務で働こう 〜医療事務の資格・求人情報サイト〜 2006年06月21日 12時56分

ページのトップへ ページのトップへ

5

2006


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

五条川さくらだより No.10

五条川さくらだより No.10

セカンド・オピニオン

セカンド・オピニオン

知ること

知ること

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.