隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2006年07月23日(日)

松原千畝記念館で考えたこと [閑話]

岐阜県八百津町には、町を一望する丘の上に、松原千畝記念館があります。彼は、リトアニア・カウナス領事として、本国政府の意見を無視して、ナチスドイツの迫害から逃れようとするユダヤ人に対して、日本通過ビザを約4000枚発給して、6000人のユダヤ人を救った人道の人です。

その一角に『決断の部屋』として、「もしあなたが松原千畝と同じ立場に立たされたら、どんな決断をしますか?よく考えてみて下さい」として、当時の領事館の一室が再現してあります。人間には、個人の立場と組織の一員としての立場の二面があります。多くの人は、うまく二者を使い分けているようですが、そうもいかない時も人生にはあるのでしょう。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

この模擬領事館のイスに座って、現在のイスラエルとパレスチナの問題を考えてみました。今のイスラエルは、アメリカとの盟友関係にあり、自国と国民の生命・財産を守るという題目で、レバノンのパレスチナ抵抗組織ヒズボラを攻撃していますが、これはなんだか、満州事変から日中戦争、更に太平洋戦争に突き進んだ、日本軍とよく似た構図のように思えます。

歴史は繰り返すと言いますが、部外者にはよくわかることでも、当事者の立場になると、大事なことを忘れて突き進んでしまうのは、今も昔も変わらないのでしょうね。

Posted by 福田金壽 at 15時17分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://skincare.jp/fukuta/blog/tb.php?ID=92

ページのトップへ ページのトップへ

7

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

犬山シティマラソン

犬山シティマラソン

結果報告その1

結果報告その1

琵琶湖一周ツーリング

琵琶湖一周ツーリング

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.