隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2006年08月18日(金)

最終案内 [健康管理]

画像(180x139)・拡大画像(640x495)

先日、佐渡トライアスロン大会事務局から、2006年大会の最終案内が送られてきました。その中には、選手名簿が年齢と共に掲載されていました。私がエントリーしているBタイプ(SWIM 2km、BIKE 105km、RUN 20km)では、男子569名、女子113名が出場を予定されています。男子も女子も、75歳が最高齢者です。

私のように、中高年でこの競技を始めた者にとっては、タイムや順位を争うことよりも、まず完走を目指すことが目標です。それに向かって努力を続けて行くことが、健康に暮らす近道ではないかと考えている訳です。

そんな理由もあって、中年のオッサンの飲み仲間も何人か引っ張り込んで、トライアスロン仲間を増殖させているところです。

ちょうど1年前に、トライアスロンに参加してみようと思い付いて、今日に至っている訳ですが、その間の心身の変化について今一度振り返ってみます。

食事 タンパク質、野菜を中心にして、炭水化物を減らしたメニューで、毎日3食きちんと食べる。
酒量 1年前に比べると約半分位。これでも普通の人よりは数倍のアルコールを消費していると思われる。
体重 82kg→78kgに変化。体脂肪は減少(18%→15%)して、筋肉量は増加している。
精神 自転車、山登り、ジョギング、水泳等で1日数時間体を動かしていると、他のことを考えるヒマがなく、精神的にすこぶる快調。

血液検査は、あまり信じていないので、ほとんどしていません。こんな状態ですので、しばらくはトライアスロンを続けて行こうと考えています。

Posted by 福田金壽 at 07時56分

コメント

練習は、50歳を過ぎてそろそろ健康について気をつけようと思い始めた、中年の不良オヤジを巻き込んで、山登り、自転車等を中心に少しずつ始めました。
その後、仲間の数もだんだん増えてきました。
これは良いことではないかと思っています。
自分の環境に合わせて、練習を再開して、大会に出られるように体力作りをして下さい。

福田金壽 2006年09月06日 14時37分 [削除]

佐渡トライアスロンお疲れ様でした!!

同じ元!?トライアスリートとして大会中の辛さ+ゴール後の感動よくわかります!!!

質問なんですが先生はいつも練習は一人でなさっているのですか?

僕もまた大会に出てみたいとおもい、最近ぼちぼち練習しています!

KEN 2006年09月05日 18時53分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://skincare.jp/fukuta/blog/tb.php?ID=97

ページのトップへ ページのトップへ

8

2006


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

再チャレンジ成功

再チャレンジ成功

五条川さくらだより No.10

五条川さくらだより No.10

大切なこと

大切なこと

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.