隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2005年10月15日(土)

基本理念 [診察室より]

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

診察室

患者さんは、自分の病気が、
 1.どのような病気で
 2.何が原因で
 3.どのようにしたら治るのか
と、ほとんどすべての方が、この3つを聞きたがります。

私の頭の中にあるのは、患者さん自身の意識の身体(からだ)のバランスがくずれて、免疫、自然治癒力、新陳代謝等に異常をきたし、病気を引き起こしているだけと考えています。

ほとんどすべての病気の始まりは、この意識(人工的、他人とうまく付き合う、ああすればこうなる)が高揚して、脳内物質(ドーパミン、エンドルフィン等)を出して、どんどん頑張ろうとするが、身体(自然であるから)は、これについて行くことが出来なくなり、自身の身体の弱い部位に病気を引き起こし、意識の進行にマッタをかけていると考えています。

従って、治療に関しては、その点を患者さんに納得(理解のみでなく)していただけば、8割がたは終わったようなものと思っています。これは皮膚科だけの特徴とは考えていません。すべての病気に共通すると思います。

しかし、この考え方の違いが意外に大きく、話がすぐに納得出来る人と、ぜんぜん理解すらできない人との間には、かなり大きな溝があるように思います。以後、診察室での患者さんとの会話を中心に、私の印象に残る例を挙げていきたいと思います。

Posted by 福田金壽 at 11時02分   パーマリンク

2005年10月14日(金)

本町五丁目の山車 [地域情報]

画像(120x180)・拡大画像(427x640)

新しく出来上がった山車

我が故郷布袋町も、少子高齢化の波は避けられません。昨年は、町総代(町内会長)が順番で廻ってきましたが、お祭り当日になっておみこしの担ぎ手が集まらず、急遽リヤカーに乗せてお祭りに参加しました。

そんな「みじめ」な思いもあり、春から何とかしなくてはいけないと、布袋コミュニティーの若者に相談して、「おみこしを山車にしてしまおう」を合い言葉に半年間が過ぎました。そして、10月2日には、町内の方々にもお披露目することが出来ました。

この山車が出来上がると、「おみこしの飾りが壊れていたから、直してきました」と、同じ町内の歯科技工士さんが、おみこしの細かい修理を引き受けてくれました。また、「おみこしに飾る町内の旗を、習字の先生に書いてもらいました」と、小学生の子供を持つ若いお母さんが、旗を作ってきてくれました。

このように、町づくりは人づくりであり、その為にもシンボルは必要なんだと再確認しました。

画像(139x240)・拡大画像(418x720)

10月14日中日新聞の記事

本日10月14日付けで、中日新聞の尾張版で紹介されました。取材を受けた子供たちも、とても嬉しそうでした。

秋のお祭りは、10月16日(日)に行われます。当日の町内外の人々の反応が楽しみです。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

取材を受けているところ


Posted by 福田金壽 at 15時09分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

10

2005


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

所属

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

初めてのエアロ

初めてのエアロ

五条川さくらだより No.6

五条川さくらだより No.6

トライアスロン練習コース(2)BIKE

トライアスロン練習コース(2)BIKE

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.