隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2005年10月18日(火)

医者冥利に尽きる [診察室より]

お昼前、先週の金曜日に、下腿にあずき大のとってもかゆいしこりがどんどん拡がって、がまん出来ないことを主訴に来院された、50歳代前半の女性が、ニコニコして「先生、かゆみがなくなりました」と、喜んで来られました。

当日の診断は、慢性湿疹(下腿)。処方はトクダー厶(ステロイドのテープ)外用と、リンデロン2錠と二ポラジン(抗ヒスタミン剤)1錠を寝る前に内服。これだけです。

例のごとく、「意識と身体のバランスの乱れ」について説明して、バランスを合わせる為には、これからコンビニへ行って、弁当とお茶を買って、自分の気分の良い自然の地(山・川・森・海、どこでも良い)へ行き、お弁当を食べてから家に帰りなさい、と告げておきました。

患者さんは、忠実に実行したのです。(初診で午前中に来院の患者さんには、すべて、このようにアドバイスするのですが、実行する人は10人に1人位)
「そしたら、とっても気分が良くなり、その日からかゆみが減り、2〜3日後にはかゆみがなくなりました。」

そして、患者さんはこう続けました。
「こんなこと言ったことなかったんですが、日曜日の朝、おとうさんに、モーニングサービス付きの喫茶店に連れて行ってちょうだい、とおねだりして、朝ごはんを作るのをやめました。そしたら、体はこうしたかったんだ、ということが良くわかりました。」と、喜んで一気に話されたのです。

私は、「それは良かったですネ。意識と身体のバランスが合ってくれば、元々の自然治癒力、新陳代謝、免疫力すべてがいい回転をして、自然に治っていきますよ。ただし、現代社会は、ノルマ、効率、お金等、意識と身体のバランスがくずれやすくなっていますので、心と体の“手入れ”と思って、ときどき散歩したり、ピクニックに行くようにしてください。これは田んぼの草取りのようなものです。薬というのは除草剤のようなもので、最小限の使用にしてください。使い過ぎれば必ず副作用があります。」と伝えておきました。

患者さんは、何度もお礼を言って診察室を出て行かれましたが、これこそ医者冥利に尽きると思いました。

Posted by 福田金壽 at 16時05分   パーマリンク

2005年10月17日(月)

瑞林寺に招かれて [活動記録]

岐阜県美濃加茂市にある、瑞林寺より依頼をいただき、集まった檀家さん達に向けて、講演会を行ってきました。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)
画像(180x119)・拡大画像(640x426)

画像(180x119)・拡大画像(640x426)
画像(180x119)・拡大画像(640x426)

Posted by 福田金壽 at 15時30分   パーマリンク

2005年10月16日(日)

秋の例大祭 [地域情報]

画像(119x180)・拡大画像(426x640)

山車の飾りつけも終わり、いよいよ新調した山車の町内引き回しです。中日新聞で紹介されたこともあり、老人から子供たちまで、集合時間よりも早く集まり、ワイワイガヤガヤ!!

ちょうどその頃、山車の幕を作ってくれた、磯村打敷店のご主人が、家族連れで、わざわざ名古屋から心配して来てくれました。

日頃の運動不足の体には、みこしを担ぐことに比べると、新調した山車は負担が少なく感じられました。まだ身長の低い、小学生の男の子達も、山車を押して参加してくれました。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)
画像(180x119)・拡大画像(640x426)

画像(119x180)・拡大画像(426x640)

氏神様の八剱神社へ集合しても、我が町内のみこしがひときわ背が高く、目立つ存在で、町内参加者は、昨年みじめな思いをしただけに、今日は少し誇らしげな1日でした。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

画像(320x233)・拡大画像(640x466)

終了後に、山車をお宮の倉庫に収納する際には、今まででも手狭だった場所に、新調した山車を入れることになりました。自慢のタイヤに逆らって、直角に収納しなくてはならなくなり、他の町内の人にも手伝ってもらって、やっと収納することが出来ました。世の中よくしたもので、「良い事半分、悪い事半分」のことわざが思い出されました。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

山車の新調に際しては、大須の磯村打敷店、師勝町の(株)ヨシダ自動車、江南市の末次建築、大矢ペイント、ほていコミュニティ協議会等、たくさんの方々のお世話になりました。この場を借りて、お礼申し上げます。

Posted by 福田金壽 at 16時00分   パーマリンク

お祭りの集合写真 [地域情報]

午前9時より、新調した山車の組み立てのため、町内の人たちに集まってもらいました。

町内のお年寄りから子供まで、お祭りに参加できる人は、山車の新調を記念して、集合写真を撮ることになりました。そこに、十数年前のおみこしの写真を、同じ町内の政木写真屋さんが持ってみえました。十数年前の写真を比べてみますと、今問題となっている、少子高齢化の進行の早さが、一目瞭然です。

写真屋さんに尋ねたところ、その写真よりも古く、今から三十数年前に、おみこしを新調したときに、町内の人たちの集合写真を撮ったことがあり、すべての家に配ったと言われました。後日、町内の永田屋さんが、三十数年前の写真を探してきて下さいました。

画像(180x126)・拡大画像(640x451)

三十数年前の町内全員集合

画像(180x127)・拡大画像(640x453)

当時の町内の子供たち


今年の集合写真が出来上がったら、昔の写真と比較できるように、ここに掲載したいと思っています。

画像(320x225)・拡大画像(640x450)

今年の集合写真

Posted by 福田金壽 at 10時00分   パーマリンク

2005年10月15日(土)

基本理念 [診察室より]

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

診察室

患者さんは、自分の病気が、
 1.どのような病気で
 2.何が原因で
 3.どのようにしたら治るのか
と、ほとんどすべての方が、この3つを聞きたがります。

私の頭の中にあるのは、患者さん自身の意識の身体(からだ)のバランスがくずれて、免疫、自然治癒力、新陳代謝等に異常をきたし、病気を引き起こしているだけと考えています。

ほとんどすべての病気の始まりは、この意識(人工的、他人とうまく付き合う、ああすればこうなる)が高揚して、脳内物質(ドーパミン、エンドルフィン等)を出して、どんどん頑張ろうとするが、身体(自然であるから)は、これについて行くことが出来なくなり、自身の身体の弱い部位に病気を引き起こし、意識の進行にマッタをかけていると考えています。

従って、治療に関しては、その点を患者さんに納得(理解のみでなく)していただけば、8割がたは終わったようなものと思っています。これは皮膚科だけの特徴とは考えていません。すべての病気に共通すると思います。

しかし、この考え方の違いが意外に大きく、話がすぐに納得出来る人と、ぜんぜん理解すらできない人との間には、かなり大きな溝があるように思います。以後、診察室での患者さんとの会話を中心に、私の印象に残る例を挙げていきたいと思います。

Posted by 福田金壽 at 11時02分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2005


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

所属

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

五条川さくらだより No.10

五条川さくらだより No.10

「布袋ぶらりん日和」にご参加を

「布袋ぶらりん日和」にご参加を

知ること

知ること

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.