隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2005年11月25日(金)

環境汚染 [閑話]

11月13日、中国吉林省吉林市の石油化学工場で爆発があり、ベンゼン、ニトロベンゼンなどの化学物質100トン(中国政府発表)が松花江に流れ出た、その下流の黒竜江省ハルビンでも、影響を受ける地域の水道を止めた、との報道がありました。汚染物質は1日100キロの速度で下流に流れ、11月末にはロシアのハバロフスクに到着するそうです。そこで、水道の給水停止の検討が始まり、飲料水の買い占めの動きも出ているそうです。

これは、対岸の火事として眺めているだけで済む問題ではなく、後々日本人にも何かしら悪影響が出ることが予想されます。

そもそもこの化学工場周辺には、いわゆる「ガン村」と呼ばれる地域が存在するそうです。地下5〜6mの浅い井戸を使用している人たちは、付近の水道水を使用している人たちと比べると、ガンの発生率が10倍以上高いのだそうです。

日本人でも、昭和40年代の高度成長時代に発生した、「水俣病」「イタイイタイ病」のことを思い出してみて下さい。どうしても、発展途上の国では、経済優先で安全軽視の時代が生じるのです。

流出した物質の中には、ベンゼン、ニトロベンゼン以外にも、正体不明の工場廃液が含まれているはずです。それら全体の量は、我々の想像を絶するような量であると思います。そして、これらの化学物質は、低濃度でも長時間服用すれば、ガンの発生率が高くなるのです。

画像(180x173)

地図を見ていただけばわかると思いますが、アムール川を通過した後には、日本海に出ます。そしてプランクトンに摂取され、流氷とともに北海道沿岸に流れ着いて、魚やカニに食べられ、ついには我々の食卓に並ぶことになるのは、火を見るより明らかだと思います。

この影響が明らかになるのは、何年先のことか私にはわかりません。しかし、案外自然の浄化作用が強く、何の影響もなく終わるかもしれません。今の私に出来ることは、自然の持つ浄化作用で、我々に影響が出ないことを祈ることだけです。

Posted by 福田金壽 at 20時35分   パーマリンク

鳥インフルエンザ [診察室より]

ヨーロッパ・アジア中国で鳥インフルエンザが流行し、それが人間にも感染して死者が出始め、これが大流行して多数の死者が出るのではと報道され問題となっています。

鳥インフルエンザウィルスは、人間に対しては感染しないはずですが、H5群ウィルスは鳥と鳥との間で感染力が強く、更に人間に対しても感染力があるウィルスとして知られています。それに、死亡する人は免疫力が強い、若年層に多いことが知られています。これは、ウィルスに対して、白血球が攻撃するときに出すサイトカインが多量に出て、それが逆に肺の組織を破壊するからだそうです。

この治療については、スイスのロシュ社のタミフルが特効薬として注目され、日本で販売権を持つ中外製薬の株価が高騰しています。しかし、ここに至ってタミフルの有効性と副作用について、様々な発表が出てきました。

ウィルスは元来、その姿形を次々と変えて生き残りをかける性質があります。それを変移と言いますが、この変移を起こしたウィルスは、元のウィルスとは異なった性質を持つことになります。有効とされていた薬の、効果がなくなってしまうことは、よくある話なのです。

これまでタミフルの使用注意書に記載されていなかった、幻覚異常行動での死者が出ているとの報道もありました。更にタミフルの使用量を見ると、全世界で6〜7割を日本人が使用していることになっています。これらの事実を考え合わせると、私はタミフルを生産調整していると考えざるをえません。

私は皮膚科の開業医であり、直接インフルエンザの患者さんに薬を処方する立場にはありませんが、私ならあえてタミフルの処方はしないだろうと思います。言わせてもらえば、ここはあれこれいらぬ取り越し苦労はせず、睡眠、栄養を十分にとり、インフルエンザにかからないことを心掛けるのが肝要というものでしょう。

Posted by 福田金壽 at 13時55分   パーマリンク

2005年11月18日(金)

水泳 [健康管理]

今日プールで、初めて1,500mを続けて泳ぎきることが出来ました。時間は42分でした。

トライアスロンについては、石垣島大会では、水泳1.5km、バイク40km、ラン10kmです。これを、制限時間4時間以内に完走しなければなりません。

当面の目標は、制限時間内に完走することですので、何となく一筋の光が見えてきたような気がしています。

Posted by 福田金壽 at 23時11分   パーマリンク

2005年11月17日(木)

天才騎手 [閑話]

中央競馬の天才騎手と言われる、安藤勝己さんと居酒屋で歓談する機会がありました。「レースでは、馬の能力の5割程度しか引き出してはいないのではないだろうか。馬の全能力を引き出すことが出来たら、ほぼ全てのレースで勝つことができるのではないだろうか。」と、ふと漏らした一言が印象に残りました。

超一流の馬と超一流の騎手が組んで、それぞれの限界に挑戦する中央競馬です。調教馬場で走るわけではないのですから、様々な予測不可能な事態が生じるのでしょう。そこで勝利するのは、やはり能力だけではなく、それ以外の部分も非常に大きなウェイトを占めているのでしょう。天才の一言は奥が深いなぁと感じました。

Posted by 福田金壽 at 22時53分   パーマリンク

2005年11月09日(水)

闘牛 [旅行記]

土俵には直径30mの円形の鉄柵が張りめぐらされ、中央に少し砂を盛り上げられています。その周囲には4段のスタンドが並び、観客はむき出しのコンクリートの上に腰を下ろします。その数はおよそ350〜400名。土俵の向こう正面には、エレキギターとドラムの演奏と島唄を歌い、闘牛場を盛り上げる芸人一座。正面の主賓席には、石垣市長さんと、闘牛士会会長さんと、八重山新聞社の記者さんが並んでいるというのが、スタンド風景です。

画像(180x125)・拡大画像(640x446)

土俵中央では、体重700kg〜900kgの闘牛用の雄牛が2頭、頭を低くして角を突き合わせての力相撲。行司役は、地元の闘牛士2名が、それぞれの牛に「あいは〜」と掛け声をかけて力付けます。スタンドのお客さんも、それぞれひいきの牛の名前を呼んで応援します。そこに、闘牛士会会長さんの解説がマイクで入り、またお客さんがそれに反応します。

取り組みは全部で13番。大関、横綱の取り組みになる頃には、我々も夢中になって観戦していました。一番感動したことは、勝利した牛が土俵中央で、「どうだ」と言わんばかりに、勝ち誇った態度をありありと見せたこと。そして、負けた牛は全身に「くやしさ」を表して、土俵のまわりを声を出して駈け回ります。この光景が、すべての取り組みの後に見られるのです。牛たちも誇りを持って闘っているのだ、というのが伝わってきました。

更に、勝利した牛の背中には、飼い主の家族とおぼしき子供が乗って、踊り出すのです。そんな光景を見ながら、闘牛の牛も本当にかわいがられて飼われているのだろう、そしてこうした闘牛という文化を通して、郷土愛がおのずと出て来るのだろうな、と感じたのでした。

Posted by 福田金壽 at 13時55分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

11

2005


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

所属

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

体は正直

体は正直

犬山シティマラソン

犬山シティマラソン

五条川さくらだより No.3

五条川さくらだより No.3

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.