隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2006年03月26日(日)

医師の倫理 [診察室より]

富山の市民病院で、外科部長が終末期患者の人工呼吸器を外した行為について、安楽死か尊厳死か、それとも事件なのかという問題が出ていました。

私も大学病院では、ガン患者さんを担当することが多かったので、その時の経験をもとに一言いわせていただきます。

まず、治療の経過から考えてもらいます。苦しんでいる患者さんに対して、人工呼吸器を装着すれば、すぐに呼吸が楽になりますから、本人も家族も大喜びします。この時点では、本人もまだ生きる希望が残っています。

しかし、ガンはだんだん進行していきます。痛みや様々な苦痛が本人に襲いかかります。この時点で、本人の意思表示はほとんど出来なくなります。家族もこの様な状態が1ヶ月も続くと、それぞれの仕事・家庭にさまざまな問題が発生します。当然、意見の違いが出てきて、一枚岩ではなくなります。

さあ、こうなった時点で、誰がどのようにして、人工呼吸器を外す提案をするのでしょうか。よく考えてみて下さい。

医者の立場からすれば、家族全員が納得して、医者に書面で以て意思表示をしていただけば、一番助かります。しかし、家族の中でその役目を担うのは誰でしょうか?

損な役目を引き受けるのはイヤですから、思っていてもほとんど言い出す人はいません。その間も、患者さんの苦しみは続くのです。患者さんはヘビの生殺し状態ですが、それでも臨終を迎えるまで生きなければならないのです。この事にどれだけの価値があるのでしょうか?よく考えていただきたいと思います。

診察中に患者さんと、この時について話をすることがあります。すると、多くの人は私は延命治療を希望しない、人工呼吸器など装着しないでほしいと言いますが、自分の身内が苦しんでいたとすると、人工呼吸器を着けて楽にしてやってほしいと言います。このように、人間は立場立場で意見や考え方が変化するものなのです。

この問題を法律をもって対応出来るようにしていただけば、多くのお医者さんは、現場で悩まなくてもよくなりますから、国会議員の先生方も、オッチョコチョイ議員のメール懲罰などいいかげんにして、この問題に何らかの解決を与えて欲しいと思います。それが出来ないのなら、医師の倫理にゆだねるとしておく方が現実的と思います。

私はこの外科部長の取られた態度は、立派であると判断します。一番心配することは、問題が大きくなって、この立派な先生が医者に嫌気がさして、医者そのものをやめてしまう、ということにならないように、ということです。

Posted by 福田金壽 at 15時00分   パーマリンク

五条川さくらだより No.3 [地域情報]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted by 福田金壽 at 08時40分   パーマリンク

2006年03月25日(土)

五条川さくらだより No.2 [地域情報]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

さくらのつぼみも膨らんで、一部に桃色が見えてきました。週末には開花宣言があると思います。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted by 福田金壽 at 10時00分   パーマリンク

2006年03月22日(水)

日曜遍路 [旅行記]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

八十八番大漥寺

数年前から、連休を利用して四国八十八寺の日曜遍路をさせてもらっています。今回は、21日春分の日と、22日水曜日(皮フ科休診日)を利用して、親孝行を兼ねて八十八番大漥寺から逆うちで廻ることにしました。

今回は、四国遍路も二巡目ですので、気持ちにもいくらか余裕があるのか、前回とは異なりお寺の周囲の風景なども楽しむことができました。

とにかく、本堂と太子堂で般若心経を上げると、とっても清々しい気分になります。そして、朱印帳に朱印をいただくわけですが、帳面に朱の部分がだんだん多くなっていくのが、非常に楽しみなのです。若い頃には、何が楽しくてお寺巡りかと思っていましたが、どうしてたいへん気持ち良く感じられます。これも年齢の成せる業なのでしょう。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

樹齢千数百年の楠

善通寺境内には、樹齢千数百年の楠があり、その気高さに感動しました。空海さんも幼少の頃、この樹を見て成長したのかと思うと、何だか不思議なものを感じました。人間なんて、自然に比べれば何とちっぽけな存在なのでしょう。

Posted by 福田金壽 at 21時40分   パーマリンク

2006年03月19日(日)

満開の桜 [旅行記]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ツーリングの途中、一本の満開に咲いた桜の木が目に留まりました。湖西市立東小学校の校門前の桜並木です。一番手前の一本だけが満開で、その他はまだつぼみ状態でした。こんなこともあるんだなと思って、シャッターを切りました。

Posted by 福田金壽 at 22時00分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

所属

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

日本平桜マラソン

日本平桜マラソン

浜名湖一周サイクル・ツーリング

浜名湖一周サイクル・ツーリング

満開の桜

満開の桜

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.