隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2006年07月27日(木)

喰って動いて笑ってりゃいいの [健康管理]

昨年末から本格的にトライアスロンの練習を始め、だんだんハードになってきました。最初の頃は、患者さんからも「どうしてトライアスロンなんてえらい事始めたの?」という質問ばかりでした。そんな患者さんに、私は「人間、喰って・動いて・笑っていれば健康なの!それを証明したいだけ!」と笑って答えていました。

しかし、最近は患者さんからの声が、「私も先生ほどではありませんが、少しずつですが運動して、体力をつけるように心掛けています。おかげで血糖値も下がり、体重も減って調子がいいんです」という様に変わってきました。

そんなとき私は、「そうなんですよ!そういう人が増えてくるといいと思ってやっているんですよ。後は続けることです。体は正直ですからね。喰って・動いて・笑ってりゃ、後は体が勝手に健康になっていきますよ。無理せず頑張って続けてちょうだいね。」とエールを送っています。

Posted by 福田金壽 at 21時13分   パーマリンク

2006年07月23日(日)

松原千畝記念館で考えたこと [閑話]

岐阜県八百津町には、町を一望する丘の上に、松原千畝記念館があります。彼は、リトアニア・カウナス領事として、本国政府の意見を無視して、ナチスドイツの迫害から逃れようとするユダヤ人に対して、日本通過ビザを約4000枚発給して、6000人のユダヤ人を救った人道の人です。

その一角に『決断の部屋』として、「もしあなたが松原千畝と同じ立場に立たされたら、どんな決断をしますか?よく考えてみて下さい」として、当時の領事館の一室が再現してあります。人間には、個人の立場と組織の一員としての立場の二面があります。多くの人は、うまく二者を使い分けているようですが、そうもいかない時も人生にはあるのでしょう。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

この模擬領事館のイスに座って、現在のイスラエルとパレスチナの問題を考えてみました。今のイスラエルは、アメリカとの盟友関係にあり、自国と国民の生命・財産を守るという題目で、レバノンのパレスチナ抵抗組織ヒズボラを攻撃していますが、これはなんだか、満州事変から日中戦争、更に太平洋戦争に突き進んだ、日本軍とよく似た構図のように思えます。

歴史は繰り返すと言いますが、部外者にはよくわかることでも、当事者の立場になると、大事なことを忘れて突き進んでしまうのは、今も昔も変わらないのでしょうね。

Posted by 福田金壽 at 15時17分   パーマリンク

2006年07月21日(金)

長梅雨 [閑話]

夏休みも始まり、例年ならば連日猛暑の季節ですが、今年はまだまだ梅雨空が続いて、更に各地で大雨による被害の報道が流れています。ここ数年、梅雨前線が北に偏在して、北陸、新潟に大雨を降らしているようですが、これも地球温暖化が原因なのでしょうか。

この長雨に、ほとほと困っておいでの方が多いことと思いますが、私のトライアスロンの練習ということに限れば、これもなかなか都合が良いこともある訳です。

もちろん、自転車は路面が濡れている状態では、安全を考えれば走ることはできません。しかし、ランニングは雨降りの方が気温が上がらず、湿度も高く、長時間走り続けるのには向いています。スイミングについても、雨の日は他のお客さんがほとんどいなくて、ほぼ貸し切り状態で泳ぐことができます。(昨日は、各務原市民プールで、1時から3時までほぼ貸し切り状態でした。)

まだまだ梅雨空が続くようですが、それならそれを逆手に取って、少しでも気分良く暮らせるように考えた方が得だと思っています。

Posted by 福田金壽 at 20時52分   パーマリンク

2006年07月06日(木)

トライアスロン練習コース(1)RUN [地域情報]

佐渡島のトライアスロンは、RUNが20kmです。マラソンは得意ではなく、20kmと距離がありますので、まず、完走できることが目標です。従って、出来るだけ毎日、ジョギングを続けることにしています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

コースは、千秋町県営総合グランドを利用させてもらっています。そのわけは、まず、ほとんどが土の地面で、足に負担が少ないこと、グランドが整備されて40年以上経過している為、木々も大きくなって自然の感じが出ていること、そして、グランド内ですので、交通事故の心配がないことです。

野球場、サッカー場、陸上グランド、テニスコート、ゲートボール場、プール等が揃っていて、早朝から散歩したりジョギングしている方も散見されます。お近くの方は、一度散歩でもされることをお勧めします。きっと気持ちが良くなりますよ!

私は、1周1800mのコースを、3〜5周しています。

Posted by 福田金壽 at 12時39分   パーマリンク

2006年07月04日(火)

トライアスロン練習コース(2)BIKE [地域情報]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

JR下切駅

短いコースを何周も周回するのは、精神的に疲れることと、堤防コースはほぼフラットで変化に乏しい為、それを補うコースがあります。

犬山市のさら・さくらの湯を起点に、名鉄広見線の善師野駅を目指します。広見線に沿って可児市方向に進み、東帷子(かたびら)からJR太多線の下切駅を目指し、国道248号で多治見市に向かいます。国道248号線は、現在バイパスが出来て、交通量はかなり減少しています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

内津峠

多治見市へ入る直前に、根本交差点を右折して、市街地を避けて国道19号を目指します。国道19号線には、池田交差点に出ます。そこから内津峠までの約3kmは、ひたすら登り坂が続きます。あえぎあえぎ内津峠に到達すると、そこからは旧19号で一気に下ります。たかが自転車ですけれど、50km/h近いスピードが出ると、さすがに恐怖感を覚えます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

春日井市民球場

春日井市民球場を越えたら、次の信号を右折して、小牧市を目指します。本宮山を右手に見て、堀の内信号を右折して、犬山市楽田地区に入り、長者町台地を通り、入鹿池を左手に見て、出発点のさら・さくらの湯に戻ります。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

入鹿池

1周54kmで、アップダウンの激しいタフなコースですが、緑も多く、走っていて大変気分の良いコースです。興味のある方は一度走ってみて下さい。

Posted by 福田金壽 at 15時56分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

所属

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

佐渡国際トライアスロン大会

佐渡国際トライアスロン大会

春の息吹

春の息吹

「布袋ぶらりん日和」その3

「布袋ぶらりん日和」その3

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.