隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2006年10月29日(日)

諏訪湖ハーフマラソン [活動記録]

今年、佐渡国際トライアスロン大会で、ミドルタイプに参加してみて、来年はロングタイプに出場しようと思ったことが始まりで、春までにフルマラソンを走り切るだけの体力をつけようと、トレーニングを増やしたのが9月中旬でした。途中で無理がたたって、ギックリ腰になったりしましたが、それも完治して、今日はハーフマラソンを走りました。

21.09kmを途中歩くことなく完走すること、出来れば、2時間を切って完走することを目標としてスタートしました。コースは、諏訪湖ヨットハーバーを出発して、周回道路を4kmほど走り、諏訪湖を反時計回りに1周して、ヨットハーバーに帰ってきます。

画像(180x135)・拡大画像(720x540)

出発して15kmまでは、まずまずのペースで走ることができましたが、その地点から足に違和感を覚え、スピードダウンしました。その結果、目標の1つの歩かず完走することは達成できましたが、残念ながら時間は5分ほどオーバーしてしまいました。それでも、自分なりにたいへん満足しています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

応援してくれた長谷川さん

この先、フルマラソンを完走できるまでには、まだまだ修業が足りないことを思い知らされた1日でした。天候に恵まれ、いつものように多くのボランティアの皆さんや、沿道で応援してくださった皆さんや、多くのランナーの皆さんと、大変すばらしい1日を経験できたことに感謝しています。

Posted by 福田金壽 at 17時31分   パーマリンク

2006年10月10日(火)

北朝鮮について [閑話]

ミサイル発射実験、核爆発実験と、おとなりの北朝鮮では、何かと物騒な話題が続いています。私から見れば、太平洋戦争前の日本が、そのまま北朝鮮に残っているように思えます。幸いにも、我が日本国は太平洋戦争に敗れて、民主主義国家への移行がうまく行き、現在の繁栄がもたらされました。

視点を変えて、朝鮮半島ならびに民族の方々の視線で以て、歴史を見たらどうなるでしょうか。日露、日清戦争では、隣の大国の戦場となりました。更に、日韓併合ではからずも日本の植民地となり、太平洋戦争が終われば、引き続いて、米対中ソの代理戦争の朝鮮動乱、更に、38°線による分断国家となり、現在に至っているのです。

それを、少々平和ボケした日本が、けしからんとか何とか言っても、所詮聞く耳はないでしょう。満州国建国に際して、国際連盟を脱退した日本と同じです。

この先はどうなるかわかりませんが、歴史は繰り返されるだけなのです。アメリカの後ろ盾を信じて、あまり強硬な発言をしていると、気が付けば後ろ盾のアメリカがどこかに消えてしまった、ということが起こらないかと、私は心配になります。

Posted by 福田金壽 at 22時28分   パーマリンク

2006年10月09日(月)

魔女の一撃 [健康管理]

さてさて、良いことばかりは続きませんワ。朝起きて、犬の散歩に行き、地面に落ちたリードを拾い上げようとした瞬間、腰にズキーンと一発来ました。以前にもやった、ギックリ腰の再発です。

考えてみれば、このところ一週間位、運動量も増えているのに、酒を飲む機会も増えて、体が悲鳴を上げたのでしょう。

こうなったら、ジタバタしてもしょうがありません。神様が安めと言っているのだと考えて、運動と酒を控えて、体を休めることにします。

Posted by 福田金壽 at 20時10分   パーマリンク

2006年10月08日(日)

虹のお出迎え [旅行記]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

安曇野マラソン大会(10km)に出場するため、長野県安曇野市までやってきました。高速道路から常念岳(2857m)を眺めていると、両わきに虹が架かっているのが見えてきました。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

それが、高速道路を降りて、大会会場に近づいた頃には、みごとなアーチ状に虹が完成していたのです。常念岳をバックにして、秋晴れの空に架かったみごとな虹を見ているだけで、ここまで来て良かったと感激しました。虹のでき始めから、完成するまでを、デジカメで撮りました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

もう一枚は、乗鞍岳から白骨温泉へ向かう林道で見た虹です。一日のうちに二度も見ることができて、大感激でした。

Posted by 福田金壽 at 19時15分   パーマリンク

2006年10月04日(水)

山頂の秋 [旅行記]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

大白川登山口付近

トライアスロンの基礎体力作りと、ひと足早い紅葉を楽しもうと思い立って、白山室堂まで行ってきました。平瀬道を利用して、登山口付近から室堂までの紅葉を、デジカメにおさめてきました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

室堂白山神社

室堂の管理人さんの話では、「今年は、ここに来てやっと色づいて来ました。しかし、いまいち色が鮮やかでないし、立ち枯れているような樹木が目立ちますね。」とのことでした。これも地球温暖化の影響なのでしょうか?

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

室堂付近

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

室堂付近


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

カンクラ雪渓付近

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

大倉山避難小屋付近

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

大倉山避難小屋付近


Posted by 福田金壽 at 20時00分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2006


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

所属

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

冬景色

冬景色

雲の上の休日

雲の上の休日

瑞林寺での講話

瑞林寺での講話

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.