隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2006年11月29日(水)

100kmウルトラ遠足準備 [体力作り]

無謀にも、新春早々1月13日に宮古島で開催される、100kmウルトラ遠足にチャレンジすることにしてしまいました。生まれてこのかた、100kmを歩いたことも走ったこともありません。そこで、どれくらい遠くまで行けるものか、試してみることにしました。

スピードはできるだけゆっくりと、しかし休まないこと、この2つを頭に置いて走ってみました。

2度ほど試してみたのですが、2回とも40kmぐらい走ると、当然ですが腹が減ってきます。そこで、食事のために休憩を取ると、筋肉が硬くなって、急激に走る気力がなくなって行くのです。

今度は、バナナとか乾燥フルーツ等を持って行って、60〜70km、食事休憩なしで走れるかどうか、試してみようと考えています。どなたか、その点についてのアドバイスがありましたら、よろしくご教授下さい。

画像(180x135)・拡大画像(680x510)
画像(180x135)・拡大画像(680x510)

写真は、犬山の木曽川左岸の、寂光院のもみじです。朝早くから多くのカメラマンでにぎわっていました。

Posted by 福田金壽 at 16時19分   パーマリンク

2006年11月23日(木)

みごと撃沈 [活動記録]

画像(180x135)・拡大画像(720x540)

今日は、心待ちにしていた、名古屋シティマラソンの開催日です。少し興奮しているようで、朝3時頃に目が覚めて、時間を持て余してしまいました。

制限時間が1時間55分と、少し厳しいかなとは感じていましたが、瑞穂競技場を出発して、10km先の桜通大津の交差点で、タイムオーバーのため競技中止となってしまいました。

画像(180x135)・拡大画像(720x540)

考えてみれば、名古屋の中心街の交通をストップさせて、多くの人に迷惑を掛けている訳ですから、しかたがないことです。

自分自身の実力不足を肝に銘じて、練習して来年にはもう一度リベンジします。

Posted by 福田金壽 at 17時50分   パーマリンク

2006年11月20日(月)

東京国際女子マラソン [閑話]

昨日、東京国際女子マラソンが行われました。高橋尚子さん(Qちゃん)が、どんな走りをするのか興味もありましたので、テレビを見ながら応援をしていました。

結果的には、30km過ぎから失速してしまいましたが、2時間31分の記録は、私から見れば信じられない記録です。今日の朝の番組によると、彼女はふくらはぎに故障をかかえての出場であったそうです。

プロに転向した彼女は、トレーニングに対しても、レースの結果に対しても、自分自身で責任を持たなくてはならず、大変なことだと思いますが、体を大切にいたわりながら、努力を続けてもらい、北京オリンピックでは、彼女のはじけるような笑顔を見たいものです。

Posted by 福田金壽 at 22時08分   パーマリンク

2006年11月18日(土)

やっと元通り [体力作り]

ここ4日間程、真面目にトレーニングをして、なまった体が元に戻ったようです。年のせいですか、なかなか元の状態に戻らないことを思い知らされました。

名古屋シティマラソンまであと5日間ですので、これからは禁酒(深酒はやめる)して、けがをしないように注意して、レース当日を迎えたいものです。

Posted by 福田金壽 at 19時52分   パーマリンク

2006年11月15日(水)

油断大敵 [体力作り]

画像(130x180)

諏訪湖マラソンから、比較的順調に調整が出来ていたのですが、先週末から、夜お酒を飲む機会が増えて、トレーニングをしない日が数日間続きました。

自分なりには、少し休む日があっても、体力の回復も期待できて良いのではないかと、少し甘いことを考えていました。ところが、ズボンのベルトはきつくなるし、体重計に乗れば3〜4kgは増えているし、つくづく体は正直だなとあらためて思い知らされました。

名古屋シティマラソンまで、後1週間残っています。その間に、気を入れ直して、何とか制限時間以内で走り切りたいものです。

Posted by 福田金壽 at 14時41分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

11

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

所属

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

「布袋ぶらりん日和」その3

「布袋ぶらりん日和」その3

浜名湖一周サイクル・ツーリング

浜名湖一周サイクル・ツーリング

体は正直

体は正直

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.