隠居医者の独り言

フクタ皮フ科院長の「独断と偏見」によるブログです。

2007年04月29日(日)

チャレンジ富士五湖100km [活動記録]

今回のチャレンジは、完全に調整ミスをおかしてしまいました。当日の結果は、30km付近から大腿の筋肉痛が出て、40kmを過ぎる頃からほとんど走れない状態になってしまい、50km地点でリタイアしました。

反省点
長めの距離を走る大会では、大会2週間前位から、疲労を残さないことに配慮しなければならないのに、3日前に35kmのロング走を調子に乗って走り、その疲れが抜けないままに大会当日を迎えてしまったのが原因と思われる。
対策
  1. 日頃の練習はしっかりする。10〜14時間/1週間
  2. 筋肉疲労の回復のため、ストレッチ等は練習前後にきちんと行う。
  3. 疲労を残さないように、休みもきちんと取る。

今回は失敗してしまいましたが、これをチャンスに変えるべく頑張るぞ!!

Posted by 福田金壽 at 21時03分   パーマリンク

2007年04月23日(月)

トレーニングの見直し [体力作り]

4月も後半になりました。今までは、ランニング中心にトレーニングをしてきましたが、1週間前から、9月の佐渡国際トライアスロンに向けてのトレーニングに切り替えました。

私が今まで経験したことのあるトライアスロンは、ミドル(中距離)であり、完走時間が約7時間30分でした。これがロング(長距離)となると、約2倍の距離を泳いで走ることが求められ、完走するには15時間ほど体を動かし続ける体力と気力作りが求められるのです。言葉にしてしまえばそれだけのことですが、1日は24時間しかありません。身体は1つしかありません。更に、老化現象の為、体力の回復には今まで以上に時間がかかります。これがうまくいかないとトレーニング効果が出ないし、故障の原因となり、トレーニング自体もできなくなってしまうでしょう。

先日も、BIKEに8時間乗って、その夜にアルコールを飲んだら、いつもと違って急速に酔いがまわって、体調不良の状態が数日間続きました。

こんな失敗を経験しながら、今まで以上に身体と相談しながら、9月に向けてトレーニングを続けて行こうと思っています。鉄人と言われる為には、えらいことですワ。これはある意味で、人生の修業ですネ。

Posted by 福田金壽 at 21時18分   パーマリンク

2007年04月15日(日)

二度目の石垣島トライアスロン [活動記録]

昨年、初めてトライアスロンに挑戦してから、1年が経ちました。この1年間は、佐渡国際トライアスロン(SWIM 2km、BIKE 105km、RUN 20km)や、宮古島100kmウルトラ遠足等、長時間にわたって体を動かすことを目標にしてきました。

今年の石垣島トライアスロンは、リレーチームのBIKEにエントリーしているだけですので、気分的には非常にリラックスした状態です。それとは別に、昨年はリレーチームで参加した、中年不良飲み仲間のセイちゃん(52歳)とクラさん(57歳)が、個人で3種目に初めて挑戦することになっているので、むしろその応援団的気分での参加です。

自分の受け持ちのBIKEを終わって、ゴール付近でランナーがゴールするのを見ていると、みんないい顔をしてゴールしているのです。体力的には限界に近い状態なのでしょうが、ゴールの瞬間は誰もがいい顔をしています。それを、ゴール付近にいる人たちが、みんなで声を掛けて応援して、一種のお祭り状態です。こんな楽しみ方をしていると、町医者の私が言うのもなんですが、『ほんとうの医者いらず』の生活ができそうな気がします。

Posted by 福田金壽 at 22時15分   パーマリンク

2007年04月06日(金)

尾張名古屋は城でもつ [地域情報]

金のシャチホコで有名な名古屋城へ、花見に行きました。春風を感じながら、満開の桜を楽しみました。写真を掲載しておきます。

画像(180x135)・拡大画像(720x540)
画像(180x135)・拡大画像(720x540)
画像(180x135)・拡大画像(720x540)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

画像(180x135)・拡大画像(720x540)
画像(180x135)・拡大画像(720x540)

Posted by 福田金壽 at 22時08分   パーマリンク

2007年04月01日(日)

日本平桜マラソン [活動記録]

画像(180x135)・拡大画像(720x540)

のぼり・くだりの坂道を走る、日本平桜マラソンにチャレンジしました。高低差260m。始め9kmひたすらのぼり続けて、次に6kmをかけ下り、最終に8.4km平地を走るコースです。(コース図参照)

これまで平地でのレース経験しかありませんので、今回は途中関門で競技中止を宣告されないことと、制限時間以内の完走を目標にしてみました。

結果は2時間22分12秒で、何とか競技場にたどりつくことができました。このことは自分で自分をほめてやりたいと思っています。

それにつけても、レース中気になったのは、日本平山頂から眺めた富士山が、黄色くかすんでいたことです。お隣の中国から飛んできた黄砂の影響なのでしょうが、環境破壊もいよいよ進行しているなと思いながら走っていました。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted by 福田金壽 at 23時35分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2007


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

所属

フクタ皮フ科

プロフィール

福田金壽

フクタ皮フ科

院長

福田金壽

生まれ故郷の江南市布袋町で、皮膚科医院を昭和57年に開業しました。その間、数多くの人々の所謂「生老病死」に医者として関わってきました。
私なりの「独断と偏見」の人生観が出来上がってきたようですので、隠居医者の独り言として、記録に残してみようと思います。

PHOTO

お寺巡り

お寺巡り

「布袋ぶらりん日和」その3

「布袋ぶらりん日和」その3

日本百観音結願成就

日本百観音結願成就

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2009 Dr. Fukuta's blog All rights reserved.