アトピーの人と脱毛

鈴木真理著『素肌美人になる本』(チクマ秀版社)より抜粋

肌をきれいにしていたいというのは、女性なら誰でも常に持っている感情だと思います。まして、アトピーで肌がカサカサになっていたり、湿疹や赤くなったりしている状態ならなおのこと、できるだけきれいにしたい、ムダ毛などなくしてしまいたい、と思うのは当然かもしれません。

でも、アトピーの状態は、肌が非常に敏感になっていて、外からの刺激を受けやすく、またその刺激に過剰に反応してしまうのです。脱毛は、健康な状態の人がやっても、肌の手入れをきちんとしておかないとトラブルを起こしやすいほど、肌を刺激するものです。医師の診断を受けてアトピーをまず治すか、状態をできるだけ改善してから、脱毛は行うべきです。

気をつけなくてはいけないのは、自分がアトピーであることに気付いていない場合です。湿疹がある、かゆみがある、けれどこれに似たようなことはあったし、たいしたことはなかった、すぐに治るだろうと、軽い気持ちでワックス脱毛したら、たちまち赤く腫れ上がって、治まらなくなってしまったという人もいます。

肌性が年齢とともに変わって来るために、それまで何ともなかったのに、突然湿疹が出るということもあるのですから、ちょっとでも疑問を持ったら、専門医を訪ねて下さい。